top of page
  • 執筆者の写真Toshikazu Maruno

🎍謹賀新年🎍


あっという間に2023年が過ぎ去り、新たな年、2024年が始まりました。


前日の大晦日、鹿児島は、風が吹き荒れる悪天候でしたが、元旦の昨日は、風も止み、厳しい寒さも緩み、穏やかで心地良い陽射しの差す、元旦に相応しい日和となりました。


今日2日から仕事も本始動で、先ずはブログで新年の御挨拶をと思い、こうして言葉を綴っています。


先ずは2024年の元旦を、無事に迎えることができた事に心から感謝し、朝一番に『お雑煮』を作り、仏壇にお供えし、亡き両親へ線香をあげ、手を合わせ新年の挨拶をする事でした。


こうして始まった2024年ですが、今年はこの秋に予定している“Fall 2024 / American Music Journey”を実現させるべく、アメリカにいるパートナーと計画を立てながら、来るべき時へ向けて準備を進めていきたいと考えています。

しかし、その決意は胸の奥にしまい、言葉ではなく行動で示していきたいと思っています。



それから、昨日は能登半島で震度7の大きな地震も発生。正月元旦から多くの方々が被災され、海外でもニュースで取り上げられていました。

正直、言葉が見つかりません…

お正月、元旦から… 何とお声を掛ければ良いのか…

もしも自分が被災していたらと思うと本当にやりきれません。

心中より、被災された皆さまにはお見舞い申し上げます。


昨年、2023年を通し僕は常に『明日は我が身』と心に言い聞かせてきました。

それ程までに、辛く打ちのめされた出来事が重なった一年であったからでした。

そして、昨日の地震のニュースを目にし、再びその言葉を自身の心に言い聞かせることでした。


そうした中で、僕は今年も前向きに歩みを進めていきたいと考えています。そうやって昨年を乗り越えてきましたので。

今年大きな目標を掲げながらも、基本は、一日一日の積み重ねであります。

人としての成長を願い行動し、ミュージシャンとしても高みへとチャレンジしていきたいと思います。


そして、日頃より僕を応援してくださる皆さまにおかれましては、2024年が先ずは健康で、そして幸せと充実に満たされた一年となりますよう心からお祈り申し上げます。


本年もどうぞよろしくお願います。


2024年1月2日

Toshikazu Maruno


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page