• Toshikazu Maruno

BON JOVI ‘BOUNCE’ ACOUSTIC COVER




こんばんは。

先程から、「ビデオ版」の“Bon Jovi ‘Bounce’ Acoustic Cover”をチェックしています。

このBon Joviのアルバム‘Bounce’を「アコースティック・カバー」したという話は、過去の作品集の紹介の時にさせて頂きましたが、このアルバムを、YouTubeにアップロードしようかと思い立ち、12曲を一つのビデオにまとめていました。トータル50分強だと思います。

正直、「公開したい気持ち」と、「敢えて公開する必要ある?」という気持ちに、心が揺れ動いている所なんです。でも、一応、アップロードは出来る様にビデオは作りました。後は、気持ちの問題だけなんです。笑

近々、最近収録した“Bed Of Roses”は、アップロード予定ではいますが、こちらの作品は、2003年に作ったもので、当時は僕なりに頑張ったと今でも肌に感じていますが、今でも英語を上手く歌えないのに、この頃はどうしても「なんちゃって感」が感じられるんですよね。ただ、但し、アコースティックのカバーアルバムとして僕は許せる出来だと思っているんです。それがあるから、恥をかいても、世界に紹介してもいいかなと思っているんです。分かる人に分かってもらえればいいし、YouTubeにこのアルバムもアーカイブに残してもいいかなと思えたんですね。まだ決めかねていますが… 笑


僕が、過去の作品と共に、このアルバムを引っ張り出して聴いた時、正直ビックリしたんです。

15年以上前に、スタジオではなく、6畳の部屋で最小限の機材でやり繰りして録音したその音は、今自分が作る音よりも素直な音がしていて、ある意味、ショックだったんですよね。最終的には、そのアルバムの音源は、調整を施し、リマスターしました。その作業に耐えゆる音であったということなんです。


2003年、僕は埼玉に住み、東京で仕事を持っていました。

今は、鹿児島にいますが、あの当時、そんな事になるとは全く予想もしていませんでしたし、アメリカで演奏する事も出来ましたが、あの当時はそんな事、夢のまた夢でした。

しかし、今世界はコロナ禍にあります。


2021年、あの頃僕は…と、未来の僕はブログを綴ったりするのでしょうか…

先の事なんて分かりませんが、明日やるべき事は分かっています。

それを全うする事で、1日が重なり、後に大きな事に繋がるのかもしれません。


今日の鹿児島は、梅雨の合間の晴れの日でした。

「Covid19」に、「東京オリンピック」と、ストレスの溜まるトピックがネットのニュースでも目に止まりますが、前向きに明日を過ごしたいと思います。


それでは皆さん、素敵な夢を…

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

PRACTICE