top of page
  • 執筆者の写真Toshikazu Maruno

厳しい寒さが続く鹿児島、週末を迎えました ❄️


少し早いですが、こんばんは。


夕刻を迎えた鹿児島、外はまだ明るいですが、今日の鹿児島は所謂「冬の嫌な天気」となりました。重く低い雲は、雨や雪は降らずとも冷たい風を吹き、家の中にいてもその寒さを感じる、そんな一日となりました。

僕は暖房をつけ温かい部屋で過ごすので、「縮こまる」必要はありませんが、一旦自分の部屋を出るとその寒さに「縮こまる」始末…

まだ日は落ちていませんが、今夜も厳しい寒さが待っていそうです。


この寒さ、24日の吹雪、そして積雪に始まり、昨日辺りからまたあの寒さがやってきた感じです。

子供の頃は、たまの「大雪」に「大喜び」でしたが、大人になり、50も過ぎると体に堪えること方が大きく、嬉しい気にもなれません。笑

本当は、25日に両親の墓参りをと意気込んでいたのですが、「あの積雪」に取りやめました。

ただ25日は、24日の天気がウソのように朝から快晴となり、ほとんどの雪は溶け、25日に墓参りに行くことができました。

まぁ、25日は、昨年12月のデンタルインプラントによる仮歯の不具合でクリニックに通院しなければならず、タイミング的にはちょうど良かったです。


今回 の墓参り、今年初めてでしたし、約一ヶ月以上ぶりでした。

早めに亡き両親に会いに行かなきゃと思っていたので、やっと墓参りに行くことが出来て良かったです。

話したいこと、近況報告、決意など、両親に伝えたい事は沢山ありました。

暫しの時を亡き両親と過ごした後、納骨堂を後にしながら帰る道中、ふと背中に優しい温もりを感じたんですね。歩きながらも風は止み、心地良い日差しを受けるかのように、優しい温もりを背中に感じたんです。

その時、「あっ、両親の優しさだな」と、咄嗟に思いました。


デンタルインプラントの仮歯の不具合もキッチリ修復して頂き、以前よりも食事の際スムーズに物を食べることが出来ています。

このインプラントの手術は一ヶ月以上前の出来事でしたが、最終的に元の口腔内の状態に戻るまでは春先までかかりそうです。

何事にも辛抱です。


それでも日々に感謝する毎日です。


もう2月もそこに来ています。

寒さはまだしばらく続きそうですが、春は今年もやって来ますので、今はじっと耐えて自分の成すべきことに取り組みたいと思います。


先日の「3部作」の次は、「ファンク・ミュージック」となりました。

またウェブサイト、YouTubeで先行、ご紹介できればと思っています。

「ファンク・ミュージック」、僕はこの種の音楽も好きなんですよね。

自身のオリジナルソングで出来ないことを、存分にBGMを通して表現しています。

是非、その楽曲を楽しみにしていてください。


それでは皆さん、どうぞ温かくされて素敵な週末をお過ごしください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page