• Toshikazu Maruno

REST IN PEACE EDDIE VAN HALEN




エドワード・ヴァン・ヘイレン氏が10月6日にこの世を去って約一週になろうとしている。僕もエドワード氏が亡くなって直ぐにブログで気持ちを綴りたかったのですが、代わりに、YouTube でエドワード氏やVan Halenの映像を見返す一週間となりました。エドワード氏が癌で闘病されている事は知っていたので、その訃報を知った時に、大きな驚きはありませんでしたが、その早すぎる死に、僕は深い悲しみに包まれました。


僕の中で、エドワード氏を偉大だと思うのは、ギタリストとしてだけではなく、”Van Halen”を通し、偉大な音楽をこの世界に遺したと言う事です。その偉大な音楽の中に、エドワード氏の偉大なギタープレイを聴くことができると思います。

80年代の音楽で育った僕にとっては、アルバム「1984」から、Van Halenの音楽を掘り下げることとなりましたが、彼らのデビューアルバムも僕にとっては衝撃的なアルバムでした。当時、僕はエレキ・ギターを弾き始めてまもない頃でしたが、あのアルバムにおけるエドワード氏のギタープレイに、多感な時期の僕は感情を抑えきれず、何度もターンテーブルを回し、ステレオの前でただただ興奮していた事を思い出します。「どうやったら、あんな風にギターが弾けるのだろう…」と。

アルバム「1984」が、僕の中学時代の思い出なら、アルバム「5150」は、高校時代の思い出になりますね。そうして、Van Halenの音楽と共に、僕の中でそれぞれの時代の思い出が甦ります。


65歳という若さでこの世を去ったエドワード氏。本当にその死は早すぎました。

YouTubeでエドワード氏のギタープレイを見るにつけ、もっとあの素晴らしい演奏を見たかったですし、Van Halenの新しい音楽も聴いてみたかったというの正直な気持ちです。


今週は、iPodに入れてある“Van Halen”のプレイリストを聴いて、エドワード氏を偲びたいと思います。


エドワード・ヴァン・ヘイレン氏、天国で安らかにお眠りください。貴方が遺した、数々のギタープレイ、音楽を今後も僕は心から楽しみたいと思います。素晴らしい音楽をありがとうございました。

謹んでお悔やみ申し上げます。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

Earthquake in Osaka

今日は年に一度の「特定検診」の日で、5時前には起床していた。僕にとって、きっと日本の皆さんにとっても、それぞれの一週間が始まっていたと思います。 特定検診は8時前には始まっていたので、大阪で大きな地震が起きていることなど全く分からなかったのですが、検査を待つ控え室のテレビでその地震を知る事となりました。その時は、被災から1時間も経っておらず、被害状況などがまだ把握出来ていない状況でしたが、今こうし

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • Instagram - White Circle

COPYRIGHT © 2020 TOSHIKAZU MARUNO. ALL RIGHTS RESERVED.