• Toshikazu Maruno

Thank You For Being A Friend -Piano ‘Studio’ Version-




朝晩の涼しさが、静かに秋の訪れを告げる

夜が明け、辺りが明るくなる

空の青さに今日一日が晴れそうな予感

いつもと同じ朝だが今日は朝食は抜き

今日は、がん検診に腹部長音波の検査がある

こうしてブログを綴りながら小腹が空いてきた

午前中の辛抱だ…

悪くない一日が始まった



さて、今朝は、ブログのタイトルにもあるように、“Thank You For Being A Friend”の“ピアノ・ヴァージョン”のスタジオ盤の音源をトップページにアップしました。

“Thank You For Being A Friend”は、今や僕にとっての代表曲になっていますが、アルバム「Gratitude」の1曲目に収録されています。僕が、世界に音楽を届けると決めたその日から、世界中に友やファンを持つことが出来ました。そうしたことが無ければ、この曲の誕生はあり得なかったでしょうし、この曲は、そうした皆さんが僕に書かせてくれました。

この曲を書いて以来、8年になりますが、何度もステージで歌ってきました。

ギターでの弾き語り、バンドでの演奏、この楽曲を通し色々な思い出が蘇ります。

そうした中で、僕はこの曲をピアノをバックに歌ってみたいという願望がありました。

そんな僕の思いを表現してくれるプラグインソフトウェアを、最近入手した事により、この「ピアノ・ヴァージョン」が実現する事となりました。

このピアノ・ヴァージョンには「スタジオ盤」と「ライブ盤」を作り、音源とビデオと、2種類の素材を揃えました。

先ずは、音源の方から、「スタジオ盤」をこの僕のウェブサイトを訪れて下さった方へお届けしたいと思います。

「ライブ盤」も近々YouTubeにアップする予定でいます。

そちらも勿論、ウェブサイトでシェアしたいと思っています。

先ずは、このスタジオ盤の“Thank You For Being A Friend”を楽しんで頂けたら嬉しいです。

僕にとって特別で意味のある楽曲なので。


こうして新曲も含め、色々な楽曲に取り組みながら、自分が生かされているこの状況に感謝する日々です。


僕はこらから検診に行ってきますが、皆さんの一日が素晴らしい一日となるよう願っています。


Stay safe and healthy

Toshikazu

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示