• Toshikazu Maruno

3月3日、雛祭り🎎 そして母の11回目の命日




今日は、亡き母の11回目の命日

今朝の鹿児島は寒さの厳しさが戻るも、空は青く澄んでいる

まるで母が微笑むように…

そんな事を想いながら、僕は亡き母、父が眠る納骨堂へと足を運ぶ


こんにちは。

無事に両親、ご先祖の墓参りを済ませ、こうしてブログを書いています。

冒頭の通り、今日3月3日は、亡き母の命日です。そして今日は雛祭りですね。

母が亡くなって、11年になりました。僕も11年歳を重ねたわけで、まるで昨日の事のように母の最期が蘇りますが、11年の重みも感じることがあります。

そんな、いつもと違う感覚で今日は亡き両親を訪ね、語り合うことでした。

コロナ禍が続く中、自分にもどかしさを感じつつも、「来るべきその時」に備え、踏ん張り前へと進む自分もいます。

アメリカに住むパートナーと、メッセージのやり取りを行う中で、それぞれの国の現状を話しながら、意見を交換しながらお互いを労わる日々が続いています。


母の命日に、墓参りを通し、亡き母を偲ぶだけでなく、自分の事についてもあれこれ考えさせられる事でした。


今ブログは、墓参りの後に立ち寄った「アミュプラザ鹿児島」で書いていますが、これから帰宅する途中で、母の好きだったイチゴなど買って、家路に着きたいと思います。


「母さん、いつもありがとう」


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

創造