top of page
  • 執筆者の写真Toshikazu Maruno

お盆を前に亡き両親の墓参り🙏


7月も残りわずかとなりましたが、先週末に鹿児島は梅雨が明けました。

その後鹿児島は夏本番、蝉たちも朝早くから大合唱で、一気に夏が加速している感があります。

気がつけば、庭先の百日紅に淡いピンク色の花が色づいていました。

まさに『Summer in 2023』といった感じです。


さて、週末を前に今日は朝イチで亡き両親と母方のご先祖さまの墓参りに行って来ました。

少しでも暑さが増す前にと、早めに家を出ましたが、9時前でも陽が上り始めると、歩いての移動中に汗は吹き出し、亡き両親を訪れる頃にはタオル一枚では対処出来ないほどの汗をかいていました。笑


滝のように溢れ出る汗を拭き拭き、納骨堂の掃除に供物のお供えを…

今日の写真からもその『汗まみれ感』が伝わるかと思いますが… 笑


冗談はさておき、一息つきながら、先ずはお線香をあげ、手を合わせ感謝の気持ちを込めて静かに祈りを捧げました。

その後は、いつものように近況を報告、感謝の気持ちも言葉にして亡き両親に伝える事でした。

この7月をとっても、僕の中では色々なことが起こり、決意することや今秋の計画、音楽の事まで、亡き両親へ多くを伝えることでしたが、やはり日々を『生かしていただいている』との思いを強く感じるこの一カ月であったので、その感謝の気持ちを両親に強く伝えることでした。そうして暫し亡き両親と時間を共にし、両親が眠る納骨堂を後にする事でした。


母方のご先祖さまの墓参りも無事終え、午前中には無事帰宅。


これから昼食を取り、午後からは本格的に音楽の作業に取り組みたいと思っているところです。


今日は、慌ただしい日々の中で、一つの区切りとして墓参りを行えて良かったです。

いつも墓参りのブログを通して言っている事ですが、墓参りを終えるといつも心が軽くなり、心が洗われ、『また頑張らなきゃ』と、そんな思いに駆られます。


僕の歌の歌詞にあるように『明日の事なんて誰にも分からない』

だから、今日というこの時を大切に、歩み刻まなければと思っています。


それでは、皆さんの週末が安全に、そして幸せで楽しい時間となりますよう祈念し、今日のブログを締めたいと思います。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page